不動産売却の豆知識

不動産売却にかかる税金に関して



贈与によって取得した不動産の売却について

贈与によって取得した不動産の売却について マンションや一戸建てなどの不動産を売却すると、売却によって得た利益を元にして、譲渡所得税という税金がかかってきます。
譲渡所得税は課税譲渡所得金額×税率という計算式によって求められます。
課税譲渡所得金額というのは、売却代金から購入代金と購入時にかかった費用、および売却時にかかった費用を差し引いたものです。
贈与によって得た不動産を売却する場合には、取得時の費用や取得金額がゼロとなるため、売却によって得られる利益が多くなり、それだけ税金の額も高くなってしまいます。
もし、贈与によって得た物件を売却した時に税金を抑えたいのであれば、それだけ売却時の費用を高くして、利益を抑えなくてはいけません。
売却時にかかる費用としては、不動産屋に支払った手数料や、売却前に行ったリフォーム費用などが含まれます。
不動産屋に支払う手数料というのはあらかじめ決まっていますから、もし譲渡所得税を安くしたいのであれば、売却前に部屋の修繕などのリフォームを行うことも有効になってきます。

贈与によって取得した不動産を売却する際にかかる税金は?

贈与によって取得した不動産を売却する際にかかる税金は? 一戸建てやマンションなどの不動産を売却すると、売却によって得た利益にともなって譲渡所得税というものが発生してきます。
この譲渡所得税は、売却時に得た利益を元にして、その額が計算されることになります。
譲渡所得税の計算の元になる金額のことを、課税譲渡所得金額と言います。
課税譲渡所得金額は、売却時に得た代金から、取得価格と取得時にかかった費用、そして売却時にかかった費用を差し引いたものになります。
もし、贈与によって得た物件を売却するのであれば、取得価格と取得時の費用はゼロということです。
つまり、この時の課税譲渡所得金額は、売却代金から売却時にかかった費用を差し引いた分、ということになります。
すなわち、贈与された不動産を売却した際にかかる税金の額は、次のように表すことができます。
譲渡所得税=(売却金額-売却時にかかった費用)×税率 もし、売却する物件がマイホームであったり、その家に10年以上住み続けていた場合には、課税譲渡所得金額が控除されたり、税率が軽減されるという特例もあります。

新着情報

◎2018/5/1

仲介手数料の相場
の情報を更新しました。

◎2018/2/22

譲渡を受けた場合の税金
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

復興特別所得税の税率
の情報を更新しました。

◎2017/9/22

贈与で取得
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

サイトを公開しました

「不動産 贈与」
に関連するツイート
Twitter

【13条Ⅰ】①元本領収(cf.果実)②借財/保証/手形行為③不動産等重要財産に関する権利得喪(※善意の第三者に権利移転後も取消可)④訴訟行為⑤贈与/和解等⑥相続の承認/放棄/遺産分割⑦贈与・遺贈の拒絶/負担付〃の受諾⑧新築/改築(注文側)⑨602条の期間を超える賃貸借(cf.短期

Twitter Civil_lawbot 民法bot@司法書士試験

返信 リツイート 17:46

#FP2級 問題59 居住用不動産贈与を受けて贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、その取得した居住用不動産の価額から、基礎控除額のほかに最高「2,000万円」の配偶者控除額を控除することができます。  【p313】的中 『'18-'19受検対策 資格の大原『公式』テキスト』 amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_no…

Twitter o_hara_fp 資格の大原 FP

返信 リツイート 17:31

問題50 対象不動産から得られる年間総収入を総投資額で除して算出されるのは、「表面利回り」です。 17/18大原公式テキスト【p401】的中! 問題51 「書面によらない」贈与契約であれば、いまだその履行がなされていない場合には、各当事者がこれを撤回することができます。 【p424】的中!

Twitter o_hara_fp 資格の大原 FP

返信 リツイート 17:19

...額で評価されます。固定資産税評価額とは、固定資産評価基準に基づいて市町村が決定し、固定資産課税台帳に登録する土地や建物の評価額のことです。 固定資産税評価額は、 固定資産税・都市計画税の税額 不動産取得税や登録免許税の税額 相続税や贈与税を算定する時の土地や建物の評価額 などを計算する時に、基準として使われます。 一般的に、固定資産税評価額は、土地については時価の70%程度、建物について...

今日の知って得する相続・贈与は、トラブル実例集を始めます。子どもに自宅を安く売った。ところが税務署から贈与税の連絡が来た!の解説です。 実際の価格...安く譲渡すると、「その差額を贈与した」みなされて贈与税がかかることがあるみたいです。これをみなし贈与といいます。また、不動産を取得すると不動産取得税、売却して利益が出れば、所得税と住民税が課税される・・など、売買の場合では、売ったほう・買った...

税金にもいろいろと種類がありますが、税金対策の方法もたくさんあります。 不動産投資による税金対策。確定申告による税金対策。 所得税はどうしたらいいの?相続税は?贈与税は?法人税は? どの様な税金がどの様にしたら税金対策になるのでしょうか。

Twitter moneymanegement サルでもわかる資金運用

返信 リツイート 4:36

次の税を日本において国税か地方税かでグループ分けしなさい 国税:酒税、事業税、贈与税、法人税、揮発油税、石油石炭税 地方税:軽油取引税、固定資産税、不動産所得税、ゴルフ場利用税

Twitter QMA_syagroupbot 社会グループ分けbot

返信 リツイート 2:13

みのる商事不動産にはFP1級技能士が在籍しています。 土地建物の資産運用・売買・贈与・相続などお気軽にご相談ください。

Twitter minorushoji みのる商事不動産 国分寺 賃貸

返信 リツイート 1:02

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

Twitter faithjyuuhan フェイス住販

返信 リツイート 昨日 21:23

相続税や贈与税は、財産を取得した事実に課税されるため、価額算定は重要です。土地の評価は路線価方式、倍率方式があります。土地や建物には評価の特例があり、評価額を減額することもできます。不動産の評価は10人がすると10通りとすら言われることもあります。安心できる方に相談しましょう!